昼過ぎにラブホを出た。

 また彼のバイクの後ろに捕まって、今度は私の家までを走る。

 ホテルの部屋で、抱きしめたままで店長が言った一言は、確実に私の心臓を打ち抜いて、体の熱を一瞬で奪い、そのまま凝固させた。

 彼は私を離して微笑んだ。

「メール貰ったよ。その後の訂正メールも、一応ね。最初のメールはシカと文体が違った。言いな、お前、誰にケータイ触られたんだ?」

 店長の、お前、という呼び方に冷や汗が垂れる。・・・ああ、不機嫌でいらっしゃるのですねえええええ~・・・・。

 私は非常に小さな声で、恐る恐る言った。

「・・・・・・やっぱり届いてましたか?」

「うん」

「あの・・・悪戯だったんです。だから訂正メールを・・・」

「で、誰に触られたの」

「触られてません!!」

「シカじゃなくて、ケータイを」

「・・・・・・・・生徒です」

「帰って話、聞くよ~」

「え、あの!今ここで話します!」

「ここでなくてシカの部屋がいい。お仕置きする場所は気軽に声が出せない場所がいいだろ?」