「ねえ、センセー」

 駅が見えた。私は歩調を速める。

「・・・エロい男は好きじゃないの」

 声が掠れてひび割れた。自分でも嫌な声だと思った。

 もうすぐ、日陰に入れる。もうすぐ、もうすぐ。

「・・・判ってないなあ」

 阪上君の声が聞こえた。いつもと違う声色に引き摺られて、つい、足を緩めて彼へと視線を向ける。

 少し後ろで止まっていた。すっきりとしたシルエットの男の子が、眩しそうに私を見ている。

「ひばりセンセー」

 泣き笑いのような、微妙で繊細な表情を浮かべて、彼が言った。

「エロくない男なんて、いないんだよ。特に、好きな女にはね・・・」

 私は顔を背ける。


 阪上君の言葉は、入ってきた電車の音にかき消されてなくなった。