部屋に籠もる情欲が、理性を消す。

「――んんっ…!

あっ!」

入ってきた灼熱に悦ぶ躰が、何とも浅ましい。

「気持ちいい?」

そうやってあたしの耳元で囁くその声は、例えるとするなら甘い飴のようである。

「――あっ…!

いあっ…!」

あたしの躰の奥を犯すその灼熱は、例えるとするなら痛い鞭のようである。

「嫌?

下の口はそうじゃないって言ってるよ?」

「――あっ…ふあっ…」

長いその指が、すでに敏感になっていた蕾を擦りあげる。

この作品のキーワード
ヤンデレ  狂愛  家出  秘密  セレブ  飴と鞭  寵愛  溺愛  切ない  ドキドキ