スマートフォンのバイブ音で、あたしは目を覚ました。

枕元に置いてあったそれを確認すると、ソウからのメールだった。

『観たい映画があるから一緒に行かないか?』

メールの内容に、あたしは今日が休日だったことを思い出した。

ソウは平日に仕事があるけど、あたしは毎日が休日みたいなものだ。

曜日の感覚がすっかりわからなくなっていた。

仕方ないな、あたしはソウみたいに仕事もしていなければ学校にも行っていない。

曜日の感覚がわからなくなっても当然だ。

なんて思いながら、あたしはソウへ返信するメールを作成した。

この作品のキーワード
ヤンデレ  狂愛  家出  秘密  セレブ  飴と鞭  寵愛  溺愛  切ない  ドキドキ