寝室からタオルケットを持ってくると、それを眠ってしまったソウの肩にかけた。

「――ッ…」

ソウがムクリと起きて、あたしの手を握った。

ほろ酔い状態の目があたしを見る。

「――ナギ…」

あたしを呼ぶソウの声は寝起きのせいもあってか、ひどくかすれていた。

「――ソウ…」

あたしは名前を呼んだ後、彼に向かって頬に手を伸ばした。

――求めても、いいよね?

ソウはあたしにいろいろなものを与えてくれた。

あたしがいろいろなものを求めても、ソウはいろいろなものをくれるんでしょう?

この作品のキーワード
ヤンデレ  狂愛  家出  秘密  セレブ  飴と鞭  寵愛  溺愛  切ない  ドキドキ