**************



夏休みが残す所1週間となったある日。




約束していた公園に高宮さんは来なかった。

腕にたかる蚊を叩きながら、暗くなっても僕は一人待っていた。




家の電話にも何回か電話したけれど、誰も出なかった。




何かあったのかと心配になったけれど…

仕方なく家へ帰ったんだ。





その後、僕は無理やり家族旅行に付き合わされ
3泊4日、宿題を持ったまま沖縄へと旅だった‥。


沖縄からも電話を掛けたけれど‥

結局、高宮さんと通じる事はなかったんだ。




この作品のキーワード
    過去  失恋  再会  男目線  切ない  後悔  イジメ  ドン底 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。