『一緒に行く相手がおらへんのか?』

そう訊く水上さんの声が、若干明るく感じるのは気のせいだろうか。

友達も彼氏もいないあたしの事が、そんなに可笑しいか。
ちっ。

「ええ、残念な事に」

水上さんには見えないけれど、欧米人さながらに肩を竦ませる。

『やったら、今度は俺が付き合おうてやる』
「え?」

水上さんのセリフに、あたしの時間が止まる。
周囲のざわめきもかき消えるほど、あたしの思考は制止してしまった。