機嫌のいい水上さんは、どんどんビールを空けていく。

明日の仕事には響かないのだろうか?

一応、心配になり訊いてみた。

「あのぉ、明日のお仕事は何時からですか?」
「ん? 昼からやけど」
「あ、じゃあ少しくらい飲みすぎても大丈夫ですね」

うんうん。何て頷きながら、あたしもビールを煽る。

「あのさ。その、です。ます。やめろや」
「え……、でも」

一応雇い主だし、敬語もどきくらいは使うべきじゃないの?

なんて、タジタジになりながら水上さんを見た。