「昨日も言うたけど、敬語はあかんて」

あ……、そのことね。

「はい……じゃなくて、うん」

よかった、殺されなくて。
鉄拳くらい飛んでくるかと思ったし。

そっか、敬語廃止は、酔っ払って言ってたことじゃなかったんだ。

だったら、名前もやっぱ呼び捨てでいいわけ?

かすかな疑問を持ちつつも、名前を呼ぶ機会もないまま、帰ってくるまでにやっておくことを言い置いて、ほな、行ってくるわ。と水上さんはギターを背負って仕事へ出かけてしまった。