無言のまま、手をつないで歩いていた。

胸が大きな音を立てて、隼人にバレてしまいそう。

あたしはこんなにも隼人が好きで、こんなにも隼人に狂わされている。






あたしたちの横を、車がすごいスピードで追い越していった。

隼人はあたしを道路脇によせ、かばうように車に背を向けた。

そのさりげない動作に優しさを感じ、さらに隼人にのめり込んでしまう。





隼人はスマートで、手慣れているようで。

だけど、決して女遊びをしていた訳ではない。

本当に不思議だ。






この作品のキーワード
番外編  元ヤン  大学生    イケメン