夏休みも近付いたある日のこと。

期末テストを終えたあたしは、隼人と学内を歩いていた。




すごく難しかったテスト。

だけど、真面目な隼人と一緒に勉強したから、何とか単位が取れる気がした。

一方、隼人はかなり余裕なようで。

既に返ってきた答案を見たが、殆どが八十点以上……すなわち優なのだ。






「隼人、そんな頭良かった?」




そう聞くと、




「勉強が趣味だから」




またまた訳の分からないことを言う。





「うちにはお金がないのに大学に行かせてもらってる。

だから、出来る限り努力しなきゃね」




隼人らしい答えだった。

そして、あたしはそんな隼人が大好きだ。



……心から尊敬している。





この作品のキーワード
番外編  元ヤン  大学生    イケメン