俺は前に立つ、橘と赤毛を見た。

この赤毛を見ると、忘れていた怒りがこみ上げてくる。

俺の玲に手ェ出すとは。

俺を待っていた玲にナンパして、無理矢理連行しようとしていたとは。




……マジで殺してやりてぇ。







「高校生じゃん……」




無責任な赤毛の言葉を聞き、さらに怒りが増した。




高校生で悪ぃのかよ。

少なくともこいつよりは玲はオトナだ。




「あァ!?」




俺は怒りに任せて赤毛の胸ぐらを掴みあげる。

赤毛の顔が恐怖で歪んだ。






この作品のキーワード
番外編  元ヤン  大学生    イケメン