気づけばあっという間で。俺は一番に拍手をしていた。

「すごい、すごい」って。涙なんかアホみたいにグシャグシャに流して。


『感動』、したんだよな。


そんで思ったんだ。


俺、絶対この高校入る。んで、演劇部に入るんだって。



岸栄高校演劇部
(きしえいこうこうえんげきぶ)



『俺』は『天使』に

見えない壁を壊された。


新しい世界へと

俺の手を引いてくれたんだ。






街を取り囲む、目に見えない壁。

その向こう側へと越境を試み続ける住民と、それをやさしく見守る天使。

絶望のなかでも、彼らはあくまでも明るく、限りない勇気をたたえていた。


『天使は瞳を閉じて』より