…戦最終日。

敵国の力をほぼ鎮圧し、

後は、将を抑えるのみとなった。

宮殿の中、敵と味方が入り乱れ、

それでもオレはどんどん先に進んでいく。


そんな中、

戦の中心に、取り残された少女を見つけた。

金髪に青い瞳。

・・・思わずオレは叫んでいた。


「…ミラ!」

ここにいるはずもないミラの名を。

敵を倒しながらその少女に近づく。


少女に手が届いた瞬間、

オレは少女を抱き上げた。

それと同時に、左肩を切り付けられ、

その場にしゃがみ込む。


「ラメセス王!」

家臣たちが一斉に敵を囲んだ。

間もなくして敵は倒れ、

オレは家臣に助けられた。


「…この子を、安全な所に」

そう言って一人に少女を託した。


この作品のキーワード
ファンタジー  復讐  偽装結婚 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。