・・・どれくらい、抱きしめていたのか?

オシリスは、

私から少し体を離し、

バツの悪そうな顔をした。


「…悪かった。今の事は、忘れてくれ」


そう言ってオシリスは、

部屋の中に入っていった。


閉められたドアを、

少しの間、呆然と見つめていたが、

ジェフティに呼ばれ、

その部屋を後にした。


…複雑な気持ちのまま、

午後、戦の準備を整えたイスタ帝国軍が、

出発した。


今回は最後の戦。

ラメセスと、オシリスの二人の将からなる、

かなり大規模な軍になった。


民衆たちは、

出発を見送ってくれていた。

…まさか、女の私がいる事など、

誰も気づかないだろう。

私は男装をしているから・・・

この作品のキーワード
ファンタジー  復讐  偽装結婚 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。