「結局俺が怒られたじゃねーか」


突如降り出した雨が、フロントガラスを叩く。ワイパーが忙しなく動くけど、酷い雨で視界が悪い。


店長に怒られた彼の機嫌も、悪い。


「なんだかんだ、藤井さん人が良いですよね。最初は尻軽女引っ掛けて遊ぶつもりなんだと思ってました」


チャンスがあっても食いつかないし、挙句私たちのゴタゴタに巻き込まれてお説教。


適当に宥めてどっかに連れ込む流れだって可能だろうに。



「最初はそのつもりだったんだよ」



赤信号で停車するも、憮然として前を向いたまま、言った。
少し拗ねているようにも見えて。



「女にしては思い切った考え方してるなと思えば、意外にガード固くて、友達に嫌われたくらいでびーびー泣いて、拍子抜けだ」

「はぁ。ご要望に添えずすみません」



ガードが固いっていうか、第一印象が悪すぎて誘いに乗る気にならなくて。
まして、職場まで知れたから必然的にガードしただけで。


私は、散々泣いて何一つ解決はしていないながら、少し気持ちは上向いていた。