イギリスで通っていたパブリックスクールの制服はスカートが長くて、どっちかって言うと修道女みたいだったから日本の制服みたいに丈の短いスカートはスースーする。

短いって言っても膝よりちょっと上くらいだから、他の子に聞いたら「は?」って鼻で笑われるかも・・・


今、鏡に映っているのは真っ黒な髪の毛をおさげに結って後ろで纏めている私。

元々、ハーフの私はハニーブラウンの髪に瞳の色はエメラルドグリーンと傍から見れば、まんま外国人・・・


──こんな外見、目立って仕方ない。


イギリスの日本人学校に行っていた時の苦い記憶が蘇ってきた。

その記憶を頭の中から排除して思考を切り替える。

学校に行く前に目の色を黒のカラコンで誤魔化して、その上から黒縁瓶底メガネを掛ける。


日本に来た時はカツラを被っていたけど流石に体育とかでいつ取れちゃうかわからないから染めた。

悪目立ちすると平穏な生活が送れない事を身を以って知っているから極力地味に過ごす。

この作品のキーワード
不良  暴走族  御曹司  地味子  初恋  無愛想  純愛  イケメン  ハーフ  恋愛