ガチャ


玄関からドアが開く音が聞こえ、私は嫌々玄関に向かった。


「おかえりなさい…」


うつむきがちにそう言った。


しかし、康くんからの返事はなかった。


「ねぇ…康くん…」


着替え始めた康くんに話しかける。


「なに?」


「あのね…
お母さんに電話したいの。」


誰かと連絡をとるときは康くんに許可をもらわないといけない。


そういう決まりになっていた。