できれば、康くんとはもう会いたくない。


だけどそれは無理な話。


ただ、ひとりで康くんのところに行ったら…


なにかされそうで怖い。


かと言って、誰か一緒に来てくれる人がいるわけじゃないし…



「はぁ」


思わずため息がこぼれた。