女性が一人で席に座っています。テーブルにはコーヒーだけ、相手もいないのにほほ笑んでいます。ケイが向かいの席に座って話しかけました。「こんなところで食事だなんて・・・・」、女性は声をださずに笑いました。「ケイちゃんはもんくばかり言っているわね、ゆきは女の子だから大丈夫だと思うけれどしょうたは男の子だから・・・・、ケイちゃんみたいになったらいけないでしょう」、女性はほほ笑み続けています。「なにがおかしんだい、にやにやしてさぁ、やめてくれよ・・・・、君のことが分からないんだよ、長い付き合いだけれど、やっぱり・・・・、普通だとは思うんだけど・・・・」、女性はほほ笑んだまま「私はケイちゃんのことは分かるわよ」、ケイは気を悪くしたようで「本当にわかっているの、勝手に思い込んでいるだけじゃないのかい」女性はほほ笑んだまま「それで充分じゃないの、他になにか必要なものでもあるっていうの」、ケイは困ったように「君がいい加減だという事は分かっているつもりだけど・・・・、その・・・・「少しはまじめに考えないのかい」、女性はほほ笑んだまま「ケイちゃんのことはわからないままでいてあげるわ、分かったらあ終わっちゃうかもしれないし・・・・、分からない方が楽しいし」、女性の顔から微笑みが消えました「ケイちゃん、分かっていないのはあなただけ・・・・、そんなことも分からないんでしょう」、女性はまたほほ笑みました。ケイはめんどうくさそうに、「君と話しているとお坊さんと話しているような気になるよ悪くはないんだけど・・・・、それじゃ、もう行くよ、ええと、仕事はいつもと変わらないと思うよ、ちゃんと連絡するから・・・・、それじゃ・・・・」、ケイは注文したコーヒーに口もつけずにお店を出て行きました。女性はしばらくコーヒーをみつめていましたがウェイターを呼んでコーヒーをもう一杯注文しました。女性はまた一人でほほ笑みをうかべて独り言を言いだしました、「ゆきはまだパパのことがきらいじゃないのかな、しょうたは男の子だから・・・・、どう話しかければいいのか・・・・、気持が大切なのに、男の人は大体同じね真剣に話すけれど真剣に話されると話をはぐらかせるのよ、男らしい男の人って・・・・、しょうた、あなたもいいかげんになっちゃうのかしら・・・・」、女性はまたほほ笑み、コーヒーに口をつけました。