「私、どっちかと仲良くなりたい!!」





友達増やすぞー!!と息巻く京ちゃん。





一人だけなのは決まりなのね、どうせならどっちもと仲良くなりなよ。





教科書をカバンから取り出し、机のなかに放り込むと、一人ドンちゃん騒ぎする京ちゃんを傍観した。




――――キーンコーンカーンコーン





まもなくして、チャイムが鳴りみんな自分の席に着き始めた。