ガサッ!

雑草を踏む音が聞こえ、真白はビクッと身体を震わせた。

音がした方へ目を凝らしてみる。

『実長(さねなが)わらわの身体が戻ってきた。あの娘を捕まえよ』

聞こえてきたのは歌うような女性の声。

――わらわ?

女性の声が聞こえたのだが、姿は見えず、真白の前に現れたのは「源氏物語」に出てくるような衣装を着た男だった。

「仮装大会……?」

さっきの少年じゃない事に安堵したが、初めて見る姿に真白は小首をかしげた。

「――様の贄(にえ)」

「にえ?」

真白は何を言われたのか分からずに、繰り返していた。

甘い香の匂いが強く鼻につき、頭がクラクラしてくる。