一年前、わたしと璃香は二人で仕事帰りにゴハンを食べに来ていた。



「あー、お腹いっぱーい!!」



「だねぇ!」



二人で店を出て、いつもは使う電車を止め歩いて帰ることにした。



「カロリー消費しなきゃね!」



「うんっ!」



多分時間は11時を過ぎていたと思う。



二人でキラキラ光る街を、他愛もない話をして歩く。



「でさ、春夜がねぇ…!」



「うん…」



それでも春夜の話をされると、すごく苦しくてたまんなかった。



「あれ…?」



「ん、どうかした?璃香」



璃香が急に立ち止り、一点を見つめた。