俺は、前田の手を引きラブホに入った。



「部屋、どこがいい?」



「ヤれれば、どこでもいい」



大学時代の前田からは想像もできない発言に驚いた。



ヤれればって…。



前田は、こんな奴じゃなかったはずだ。



今野は大学時代から綺麗でクラスでも好きな奴は、たくさんいた。



俺だって、憧れてたし。



前田は、美人ってタイプじゃなかった。



可愛いというのでもなく、ただ良く笑う奴だった。



何があってもケラケラ笑って、「前田が笑うと何だか安心するよなー」って、当時クラスの男どもと話してたっけ。



「もう、ずっと…」ってことは、前田は大学時代から木ノ瀬が好きだったのか?



そんな奴を、どうやって抱けばいいんだよ。



…ったく、面倒なことに巻き込みやがって。