飲み始めて少し経ってから、

そろそろ、

いずみに企画課の話をしようかと

考えていたら、




『ねえ、将生。
あんた、まだ彼女いないの?』




と、急に真面目な顔で聞かれた。



『ああ。』

『最近、告られてないの?』



気になるのか?

一年近くフリーだしな。

確かに変か。





俺は、ニヤッと笑って、


『さあ?』


と、いつもの調子でとぼけてやる。



全く告られてないわけじゃない。

時々は、まあ、あるな。




『隠さないで、言いなさいよね。』

『ん〜、さあな?』



そんなもん、いちいち言うかよ。



『言え。』

『……。』





言う必要あるか?

俺は興味ねぇし、どーでもいい。





もし女がいれば

お前、また飯にも行かねえだろーが。



絶対、

なんにも分かってないな。


なんで俺が、

急に彼女を作らなくなったか。



………。



この作品のキーワード
オフィスラブ  上司  同期  胸キュン  溺愛  男目線  大人女子  イケメン  プロポーズ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。