「君が俺に落ちてくれればいいのに」

「愚問ですね。あなたが私に落ちればいい。ああいや、もうとっくに、あなたは私のモノでしたか」

「そうだよ。だから、
だから俺を、ハルキでいっぱいにして」



攻め女:ヤンデレ
晴姫(はるき)

受け男:ヤンデレ
奇由(きゆ)



「あなたほど私にとって都合のいい男はそうそういませんね」

「君に必要とされてるってこと?」

「いえ、私はあなたを利用しているだけです」

「いいよ、それでも。俺は君を、ハルキを愛してるから。死ぬまで離さない。ハルキが嫌がっても離さ……、いや、ハルキが俺を好きになればいいだけか。ていうか俺ら、愛し合ってるんだった」

「あなたの脳もまた、都合よくできているようですがね」

「やだなあ、俺はただハルキを愛してるだけだよ」


君だけを、ただアイシテル



[THANKS]
梅雨之あめサマ
レビュー・感想ありがとうございます!

この作品のキーワード
攻め女  受け男  ヤンデレ  俺君