初めての彼は大学の1こ上の先輩だった。
人数合わせのために出た合コンが最初の出会いだった。
彼も人数合わせで元々嫌々参加してたらしく
一人でつまらなそうにしている姿が気になって
気がつくと彼を目で追っていた。

その彼と目があった時、彼がニコッと笑ったその笑顔に
私は一目惚れしてしまった。

彼が席を立つと自然に自分も立ち上がっていた。
彼はそんな私の気持ちを見抜いていた様だった。

二人で合コンを抜け出し、2人でいろんな話をした。
それが初彼、藤村洋介だった。
私にとっては何もかもが初めてだった。
キスも・・・その先も・・・・

しかも洋介も趣味でバンドをやっていた。
だから話も合うし、私にとっては申し分のない彼氏だった。

彼のライブのある時は必ず見に行っていた。
だけど・・・私のバンドのライブに来ることはなかった。
・・・というよりは私が教えなかった。
どうして教えなかったのかあの時はわからなかった。
でも今ならわかる。
陸に彼氏の存在を知られたくなかったから・・・・
付き合って半年くらいは私に彼氏がいるなんて
メンバーの誰も知らなかった。
教えなかったからだ。

だけど・・・
彼のライブの日、偶然松田君とライブハウスで会ってしまった。
それはライブ後、私と洋介が話をしていた時だった。
「あれ?春姫じゃん。お前何?trustのメンバーと友達なの?」
松田君がいたのだ。
「な~んだ。松田っちって春姫ちゃんと知り合いなの?」
洋介のバンドのベースのしょうちゃんが話に入ってきた。
どうやらしょうちゃんと松田君が友達らしかった。
「知り合いも何も俺のバンドのベースだけど」
「・・だってさ・・・」
しょうちゃんは洋介の肩を叩きながら楽器の片付けに戻った。
洋介は松田君の前まで進むと
「春姫がいつもお世話になってます。」
丁寧に挨拶をし。
私は顔が赤くなるのを両手で押さえて下を向いた。
「え?えええ?なに?春姫・・彼氏が出来たんだ」
私は黙って頷いた。


その後私は松田君に
この事は内緒にしてほしいとお願いした。
理由を聞かれたけど
なんていったのかあまり憶えていない。
ただ、陸に知られたくなかったんだろうと・・・
今ならそう思える。

松田君は約束を守ってくれていた。
だけど、私に彼氏がいることが
思わぬところでバレた。