主人公は二人。

女の子を主体としましたが、本当は男の子も主人公なんです。

私は1人称の「私は~」という書き方が出来ないため、「操は~」「隼人は~」という書き方になっています。

だから特に「~side」という章のミニタイトルを付けなくてもいいのですが、なんとなく皆付けてるしやってみたいな~という憧れから「恋と音楽」にはそういうミニタイトルが付いていたりします。

うん、でも読み返して思いましたがいらなかった(笑)

3人称書きのやり方ではいらないですね。

話を戻しまして、主人公の2人のお話。

■北野操
最初から骨折と言う大怪我をしている彼女ですが、どうも高校時代を思い返してみると学年の誰かが骨折していたような気がして(笑)

だからよくある話だろうということで私の中の高校生活あるあるな骨折をしていただいました。

結果的にそれが隼人と繋がりを持つようになる大きなきっかけになります。

彼女は寡黙といわれるタイプでは無いのですが言葉少なく落ち着いているように見られるので誤解されやすい子です。

「思っていたのと違う」と言われ傷つきますが自分自身を否定せずに前を向く強い子、それは本当の自分を分かってくれる友人がいる幸運を持っている子でした。

また勉強家でもあります。

操を書くにあたってモデルにした友人がいますが、彼女もまた真面目な努力家で明るく人気があるが故に苦労をしている子でした。

人が集まってくる人っていうのはその分苦労も多いんだなと、それは隼人の方で少し参考にさせてもらっています。

一見物語の中で隼人との進展があっても操の方に変化がないように思えますが、彼女の中では少し変化がありまして。

積極性がところどころに発揮されているのです。すごく分かりづらいけど。

でもこうした恋愛もあるんじゃないかなと思って書いた女の子でした。

■斎藤隼人
年下の男の子には少し無邪気であって欲しいなということで静かな操とは対照的に隼人には色々騒いでもらっています。

彼は人を惹きつける魅力を持っていて、その為に有もしないことを言われ人間関係で苦労したという過去を持っています。

恋愛にしろ友情にしろ、妬みを受けやすいタイプなんですね。

人と関わること、勿論恋愛においても一線を引いて諦めていた彼がまさかの一目惚れをしたのが舞台上で歌う操でした。

ただ凄いと感じただけなのに関わりが増えたことによってそれは恋愛感情へと発展していく。

自分の中のトラウマと戦いながら隼人は操を思い成長をしていきました。

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。