結婚式から1週間後、彼の住むマンションに一緒に暮らす事になった。

 使い慣れた家具の方が良かった為、実家で使っていた物を持って行く事にした。

 前は心待ちにしていた彼との暮らしも、初夜以降、億劫になっていた。

――――――――――
――――――

「この部屋を使って下さい」

 案内された部屋は南向きに窓があり、陽当たりのいい広々とした部屋。

 すぐに業者にベッド等を運んで貰っている間に、別の部屋を見て回った。

 彼の趣味なのだろうか……それとも仕事が忙しいからか、リビングにはテレビ台に置かれたテレビと、ガラステーブルにソファ。その下にカーペットが敷かれているぐらいで、生活感がない。

 キッチンへ行くと、調理用具は一切なく、冷蔵庫の中はペットボトルの水と缶ビールが2本入っていた。

 ……彼は本当にここに住んでいるのだろうか。

この作品のキーワード
政略結婚  離婚  眼鏡  お見合い  社長  イケメン  冷酷  敬語  財閥  大人の恋 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。