散々な新婚旅行から2ヶ月が過ぎた。

 相変わらず忙しい彼とはなかなか合う時間はないが、たまの休みは二人で過ごす事が多くなった。

 私が買い物がある日は一緒に付いて来てくれたり、料理を作っていると手伝ってくれたりして口数の少なかった二人だったが、たまに笑い合ったりしてお互いの距離が少しずつ近くなった様に思えた。

――――――――――
――――――

「法事ですか?」

「はい。お祖父さんの3周忌で来週帰らなくてはならいんです」

 珍しく早く帰ってきた彼と夕飯を食べていると、彼が突然法事があると言い出した。

「そうですか。わかりました。いつ頃戻られるのですか?」

「いえ。瑞希さんも一緒に帰ってもらいます」

この作品のキーワード
政略結婚  離婚  眼鏡  お見合い  社長  イケメン  冷酷  敬語  財閥  大人の恋 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。