おはようございます。

本日は何時もより一時間遅い、朝の六時半起きです。なぜなら今日は土曜日で、臣くんのお仕事はお休みだからです。

実は昨日も祝日で休みだったのですが、事務所の泊り込み忘年会のおかげで帰ってきたのは夕方……

アルコールも入り疲れてしまったのか、普段以上にろくに相手もしてくれず、臣くんはさっさと寝てしまったのです……

まぁ、仕事の付き合いは仕方ないので、気を取り直していきましょう。

朝食を作るまでは、平日verと同じ行動内容。準備が終わると八時頃に寝室へ向かい、平日verより二倍増の二十分間程、枕元で臣くんの寝顔を堪能して、目覚まし代わりの幸代ヴォイスで臣くんを起こすのです。


「臣くん、臣く~ん」

「……」

「朝だよ~、休日の朝だよ~」

「……」

「幸代とたっぷり一緒に過ごせる素敵な一日の始まりですよ~」

「……」


何時もより遅い時間のモーニング幸代ヴォイスとはいえ、普段の疲れが溜まっているのかなかなか起きてくれません。

でも大丈夫。そんな時は私が、


「耳元で1000回スキって囁くよ……」


と、本日の目覚まし方法をボソッと口にすると、


「……」


ムクッと起き上がってくれるのです。


この作品のキーワード
新婚  夫婦  ラブコメ  溺愛  甘々  ツンデレ  結婚  らぶらぶ  プロポーズ  妄想