「…は?」

思わず、そんな声が漏れた。

「…雷、龍也。なに考えてんだ」

「だーかーらーあ!!王覇に入っ「いやだ」」

雷、あんた死にたい?

「春輝さん、お願いですから…」

「龍也の頼みでもいやだ」

なんで私が入んなきゃなんないんだ。



ていうか、なんでこんなことになっているのかというと、それは少し前に遡る。

この作品のキーワード
暴走族    イケメン  無表情  美少女  最強    ブルー14   

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。