「……雪……美雪。ほら、起きて!」








私はいったい、どれだけ眠っていたのだろう。


久し振りにぐっすり眠れたような気がする。


まぶたが自然と開くのに任せて目を開けると、最初に飛び込んできたのは留美子の顔。


「あ……おはよう」


「おはようじゃないよ!皆、あんたを待ってたんだよ?」


まだ頭がボーッとしている。


どうやら私は長椅子の上で眠っていたようで、上体を起こすと周りには皆がいた。


明日香が恥ずかしいって言ってた気持ちが良く分かる。


6人の視線が、私に向けられているのだから。


いや、それよりも……空間に亀裂が走ったまま。


「よぉ、相島ぁ……約束は忘れてねぇだろうな?」


眉間にシワを寄せて、袴田が私を見下ろしている。


こんな事を言ってるという事は、やっぱりあゆみちゃんは死んでしまったんだろうな。


真冬はどうなったんだろう……。


気になるけど、聞きたくないような気もする。


「大丈夫。頑張って『呪い』を解くから」


とは言ったものの、美紀を棺桶に入れる事も失敗した。

この作品のキーワード
ホラー  カラダ探し  高校生  裏切り  呪い  赤い人 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。