巽と一緒に暮らし始めて、今日で3日目。

「じゃ、行ってくるよ」

「行ってらっしゃい」

チュッと、私と巽は唇を重ねた。

巽との生活は順調だった。

仕事へ向かう彼を見送った後、私は食事の片づけをするためにキッチンへ向かった。

時間は夜7時を過ぎている。

ホストの仕事は夜だから当然のことである。

後片づけを終えると、テーブルのうえに置いてあるスマートフォンのディスプレイが点滅していることに気づいた。

「…またか」

私は一言毒づくと、スマートフォンを手にとった。

この作品のキーワード
俺様  専業主婦  ホスト  浮気  大人  溺愛  切ない  胸キュン  ドキドキ  甘々