そもそも、妻は夫のために全てを犠牲にしてつくさないといけない。

朝は優が大好きな白いご飯を出して、夜はいつ仕事から帰ってくるかわからない彼を家で待たないといけない。

夜に出かけるのはもちろんのこと、夜遅くに帰ることも許さない。

ましてや、夫以外の男と会って遊ぶことは許さないこと。

1日の大半――いや、人生の大半を夫のためにささげないといけないのだ。


その日の夕飯は…優への償いのつもりで、彼の好きな白いご飯と鶏のから揚げにした。

「いいんだ、これでいいんだ…」

自分自身に何度も言い聞かせた後、揚げたての鶏のから揚げをテーブルのうえに置いた。

好きなものを食べることも、もちろん許さない。

朝ご飯だってパンじゃなくて、優の好きな白いご飯で我慢してきた。

「ただいまー」

優が帰ってきた。

時計は、昨日よりも2時間早い7時を差していた。

この作品のキーワード
俺様  専業主婦  ホスト  浮気  大人  溺愛  切ない  胸キュン  ドキドキ  甘々