「すいませーん、桜吹雪さんいますか?」

「あの、よし子の事ですか?」

「はい、よし子さん」

「ちょっと待ってて。よし子ー学校の友達きたよ」

でね、桜吹雪ちゃんは5分ぐらいたってから
(家は一軒家なんだけれど)2階の窓から顔を出してね

「誰ー?」って言ったの

で、俺が「あ、」って言ったら

桜吹雪ちゃん、窓をしめて 顔を出さなくなったの。

で、俺、

「俺の事好きじゃなくなったのかなぁ」と思って

この作品のキーワード
恐怖  怖い  恐い    ホラー