・・・




「え、イブの日誘ったの?!」


馴染みのお店に入る頃には

こないだの出来事も話し終わっていた。



お手拭きで手を拭き

注文した紅茶を飲む乃愛ちゃん。


店内の中は暖房が
ついているため温かい。



「しゅ修ちゃん先輩なんて?」

「…なんと!」

「っえ」


そこまでいって、手で丸を作ると途端に乃愛ちゃんが驚いたように声を上げた。


予想外だったのか自分の声のボリュームに恥じらいを感じつつ、「おめでとう」なんて言われる。



「へへへありがとう」


あたしはその祝福を素直に受け取った。