――それから終日が経ち。


今日はみんなそわそわしている。


本大会が近いっていうのに、どこか心ここにあらず、みたいな。


理由は……。


今日、練習の後に背番号が渡されるから。


つまり、夏の大会のベンチメンバーが発表されるということ。


あたしもメンバーと同じように緊張していた。


ポジション争いの激しい外野はどうなるのか。


核となるショートは誰が射止めるのか。


そして、エースの称号は誰に与えられるのか……



みんな頑張っているんだから、全員に背番号をあげたい。


だけど、選ばれるのは18人だけ…。



そんな中、佑真だけは憎たらしいほどいつもと変わらない表情で淡々とメニューをこなしていた。

この作品のキーワード
切ない  青春  友達  ドキドキ  高校生  野球  片想い    ブルー14  甲子園