夏の大会が開幕した。


まだ梅雨が明けきってない中、降雨の試合もあったけど城山打線は絶好調だった。


ひょっとしたらひょっとするかも!?


密かにそう思い始めたのは、3回戦を終えたころ。


エースで3番を打つ佑真はもちろんのこと、打線もうまくつながり、大量得点を重ね全てコールド勝ち。


守りの方も、3回戦までは佑真が完全に相手チームを封じ込める好投ぶり。


……三浦先輩の出番は4回戦ったうち1回だけ。


完全にリリーフに徹しているけど、腐らないでよく頑張っていると思う。


声を出して、ベンチを盛り上げてる。



佑真の肩も試合を重ねるごとに調子を上げているから、これからもどれくらい出番があるか分からない。


チームにとっては嬉しいことだけど、やっぱりどこか複雑…。

この作品のキーワード
切ない  青春  友達  ドキドキ  高校生  野球  片想い    ブルー14  甲子園