ザクロは繭を触った人の望む姿に変化すると言っていた。触ったのが男だったらどうなるんだろう。


「ねぇ。ザクロって女の人にも変化できるの?」
「見た目だけなら可能ですよ。一度しか変化したことはありませんが」
「え? 一度だけなの? 触ったのが男の人だったら理想の女性とかを望むんじゃないの?」
「男に触られたことはありません。私の繭は女性にしか見えませんので」


 てことは、ザクロは女性を好んで宿主に選んでいるということになる。
 性別はないのかと思っていたが、もしかして——。

 私の疑惑を察したのか、ザクロはにっこり微笑んだ。


「私は男性体です」


 見た目だけじゃなく、本当に男だったようだ。


「お望みでしたら、夜のお相手もつとめさせていただきますよ」
「いや、お望みじゃないから」


 そんなニコニコしながらサラリと事務的に言われても、ぜんぜんそんな気になれない。

 だいたい私はもう男なんていらないんだから。あんな面倒くさい生き物。

 うっかり去年のことを思い出して、イラッとする。

 食事を終えてもイライラを引きずっていたら、目の前にハーブティが差し出された。
 鼻孔をくすぐるカモミールの甘い香りに、少し気持ちが和らぐ。

 見上げるとザクロが穏やかに微笑んだ。


「どうぞ。心が落ち着きますよ」


 私が苛ついている理由なんて、ザクロにはわからない。けれど、苛ついていることはちゃんとわかっていて、いたわってくれる。

 うん。なかなか理想の執事になってきたじゃないの。時々とんちんかんだけど。


「ありがとう」


 私はすっかり機嫌を直して、ハーブティのカップに口を付けた。


この作品のキーワード
現代  ファンタジー  オカルト  OL  妖怪  執事  ほのぼの  主従  恋愛 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。