週に二回、ザクロを後ろに従えたまま、会社帰りに近所のスーパーで買い出しをする。

 食事を作るのはザクロなので、欲しい食材を一緒に選んでもらうのだ。
 私はカートの中に自分の食べたいものを放り込み、電話をかけている振りをしながらザクロに尋ねた。


「他に何か必要なものある?」
「米ぬかって売ってますか?」
「どうかな。捜してみるけど、何するの?」

「余った野菜を漬け物にしようと思います。頼子ひとり分の食事だと、どうしても余ってしまうので」

「ぬか漬け作ってくれるの? やったー。私、キュウリのぬか漬け大好き」
「胡瓜、ですか……」


 一気にテンションの上がった私とは対照的に、ザクロはなんだか微妙な表情をしている。


「キュウリ、嫌いなの?」
「いえ、私ではなく、苦くて嫌いだと言う人が多かったので」
「苦い?」


 確かに緑の皮の部分は少し苦みがあるけど、嫌われる理由としては「青臭い」の方が多いような気がする。


「今の人は未熟な青い実を食べるようですが、昔は熟した黄色い実を食べてたんですよ」


 キュウリは食べ頃を過ぎて放置すると、まるでヘチマのように太く大きくなる。
 実家の母が採り忘れて、庭の畑でよくヘチマキュウリを作っていた。

 肉厚になってお得なようだが、種も大きくなり皮は厚くなるので、皮ごと食べるのは困難になる。

 当然実も固くなってくるが、この段階だとまだ皮を削って種をくり抜き、漬け物にすれば食べられる。
 母は夏場にヘチマキュウリの漬け物を毎日のように食べていた。

 ヘチマキュウリをさらに放置すると黄色く熟してくるのだが、さすがに黄色くなったのは母も食べない。


「固くてまずそう」
「だから好きだという人はあまりいませんでした」


 くだものや野菜は熟した方がおいしくなるものだと思っていたが、そうじゃないものもあるようだ。

この作品のキーワード
現代  ファンタジー  オカルト  OL  妖怪  執事  ほのぼの  主従  恋愛 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。