「あの人ね、昔つき合ってた人なの」
「恋仲、だったんですね」

「うん。私がいつも仕事が忙しいって言ってたから、おいしいものを食べてストレス発散しようって誘ってくれたのに、仕事が忙しくて行けないって言ったらふられちゃったの」


 私は彼の気遣いを無にしたのだ。それまでも何度か仕事のせいで約束を反故にしている。そのたびに彼は「仕事なら仕方ないね」と許してくれていた。

 本当は聞きたくもないはずの仕事の愚痴を黙って聞いてくれたし、一緒に食事に出かけると私の食べたいものを優先してくれる。

 そういう優しいところが好きだった。けれどいつの間にか、私はその優しさを当然のことと勘違いして甘えていたのだろう。

 彼が我慢の限界を越えるまで、私は彼を思いやってはいなかった。今頃気づいても遅すぎる。

 破局の原因は自分だとわかって、もやもやとした不快感は消えたけど、今度は情けなくなってきた。


 視線を外して黙り込んだ私の頭を、ザクロが優しく撫でる。
 ザクロには私の気持ちが沈んでいることが伝わっている。私はわざと、おどけてみせた。


「ごめんね。私が落ち込んでるとザクロがお腹すかせちゃうんだよね」


 ザクロは私の頭を撫でながら、口元に少し笑みを浮かべる。


「私は大丈夫です。辛いのなら、泣いてもいいんですよ」


 いまさら涙なんか出ない。元々自分が悪いんだし。
 だけど、少しだけ甘えさせて。


「私も大丈夫。明日には元気になるから。でも、もう少しだけそばにいて」
「かしこまりました」


 そう言ってザクロは、私が眠りにつくまで、優しく頭を撫で続けた。

この作品のキーワード
現代  ファンタジー  オカルト  OL  妖怪  執事  ほのぼの  主従  恋愛 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。