何事も志を高く掲げるのはいいことだと最近つくづく思う。
 私は一人暮らしを始めるとき、自炊をしようと決めていた。

 何事にもまず形から入る性分なので、調理道具も料理本も色々買い揃え、食材さえあれば何でも作れる状態になっている。

 レンジもオーブン機能がついたものを買った。母は「どうせお弁当や牛乳を温めるためにしか使わないのに」と笑ったが後悔はしていない。
 いや、ちょっと前までは、たまに後悔したかも。

 私は優雅な一人暮らしに憧れていたのだ。休日には手作りのお菓子ととっておきの紅茶でティータイムとか夢見ていた。

 ところが実際に一人暮らしを始めると、最初に引っ越しと片付けで疲れ、息つく間もなく会社勤めが始まった。

 新入社員の私は慣れない環境と、覚えることの多さで緊張を強いられ、家に帰る頃にはぐったり。
 何か作ろうなんて気力は根こそぎ奪われている。

 かくして新品同様の調理器具は、台所で埃をかぶり、高機能のオーブンレンジは母の予言通り温め機能しか使われなくなった。

 私の掲げた高すぎる志は、早々に挫折の憂き目にあったが、まったくの無駄にはならなかった。

 料理本も調理器具も、今では有能な執事がフル活用してくれている。そして五年間使われることのなかったオーブンレンジがその真価を発揮し始めたのだ。

 テーブルの上に置かれたケーキを見つめて、私はにんまりと頬を緩める。


「ベリーのタルトを作ってみました」


 ザクロが紅茶をカップに注ぎ、ケーキの横に置いた。カップから漂う湯気はベルガモットの香り。私のお気に入りの紅茶、アールグレイだ。


「いただきまーす」


 紅茶をひとくち飲んだ後、ケーキにフォークを突き刺す。

 サクサクのタルト生地の上はカスタードクリームと生クリームの二層仕立てで、その上にラズベリージャムが薄く塗られている。生クリームのデコレーションで縁取られた内側には、ラズベリー、ブラックベリー、ブルーベリーが飾られ、薄いゼリーの幕でコーティングされていた。

この作品のキーワード
現代  ファンタジー  オカルト  OL  妖怪  執事  ほのぼの  主従  恋愛 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。