本郷さんは、あれから何度か食事に誘ってくれた。この間の埋め合わせというが、元々約束していたわけでもないので別にそこまで気を使わなくてもいいのにと思う。

 最初は適当に断っていたが、さすがに断り続けるのも気が引けてきた。
 だから総務の藤崎美佳ちゃんを誘って、一緒に行くことにした。だって前もって予定を合わせた上で、ふたりきりはやっぱりまずいじゃない。この間みたいに会社帰りに成り行きで誘われたならともかく。

 誰かに見られて変な噂がたったら、本郷さんにも迷惑だろうしね。

 冬のボーナスが出た金曜日の夕方、私たち三人は早めに仕事を切り上げて一緒に会社を出る。そこへ、いつも早めに帰る坂井くんが一緒のエレベータに乗ってきた。

 女の中に男ひとりなのが寂しかったのか、本郷さんが彼も一緒にどうかと誘う。結局四人で近所の居酒屋に行くことになった。

 ザクロには前日に話をしてある。今夜は夕飯の支度をしなくていいので、彼もしばしの骨休めになるのだろう。

 でも私がいないとき、ザクロは何をしているのか少し気になる。昼間は掃除や洗濯をしているらしい。そして空いた時間は手当たり次第に文字を読んだり、テレビを見ていると聞いた。まるで専業主婦のようだ。

 ザクロはテレビが気に入っている。江戸時代からタイムスリップしたようなものだから、珍しいのだろう。

 今夜もテレビを見ているのだろうか。私がいなくて少しは寂しいと思ってくれるかな。
 飲み会は始まったばかりなのに、私はザクロのことが気になって、すでに帰りたくなっていた。

 私が軟骨の唐揚げをつつきながら、酎ハイを片手に上の空になっていると、すでにいい感じでできあがっている坂井くんが突然大声でわめいた。


「えーっ!? 係長って独身だったんですかーっ!?」
「そんなに驚くことか?」

「だって妙な貫禄があって落ち着いてるから、すでに子供の二人や三人いそうな気がして」

「こら待て。それは暗にオレが老けていると言ってるのか?」
「いや、そんな」


 苦笑しながらごまかす坂井くんの頭を、本郷さんは横から軽く小突く。その様子を横目に私も苦笑していると、坂井くんは私に矛先を向けてきた。


この作品のキーワード
現代  ファンタジー  オカルト  OL  妖怪  執事  ほのぼの  主従  恋愛 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。