動揺はおさまらない。ザクロが心配して浴室まで様子を窺いに来るかとも思ったが、それはなかった。

 私の気持ちが揺れていることは気付いていても、原因がわかっているからだろう。

 お風呂から出てもザクロはいつもと変わりなかった。変に意識されて気まずいよりはいいけど、ザクロの気持ちがわからず、なんとなく寂しい。

 灯りを消して挨拶をすると、ザクロはいつものように姿を消した。

 私はこれからどうすればいいんだろう。
 気持ちを隠して今までと変わらず架空執事と主人でいればいいの?
 それともザクロに想いを告げる?

 そうすればザクロは恋人を演じてくれるだろう。たぶん私が気に入っている小説のヒーロー、ロベールのような。

 それって虚しすぎる。

 結局結論が見いだせないまま、自分の気持ちは封印することにした。それが私もザクロも一番幸せでいられる。



この作品のキーワード
現代  ファンタジー  オカルト  OL  妖怪  執事  ほのぼの  主従  恋愛 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。