金曜日の業後、私は再び本郷さんと待ち合わせをした。今度は会社から少し離れたカフェで。

 本郷さんにとってはいい話ではないのに、食事をご馳走になるのは気が引ける。夜に友達と約束があることにして丁重にお断りした。

 結婚を断ることは初めから決めていた。そして会社を辞める覚悟もできた。まだ三十前だし、五年間の営業事務実務経験がある。景気も上向いてきてるし、再就職はなんとかなるだろう。

 私は待ち合わせのカフェでコーヒーを注文し、席に着いて本郷さんを待った。



この作品のキーワード
現代  ファンタジー  オカルト  OL  妖怪  執事  ほのぼの  主従  恋愛 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。