無色無感情不安定

完成することのない、君へ


────────────────
君の記憶が涸れてしまっても
僕は覚えておいてほしいんだ
────────────────


嘘みたいなあの日のこと

死ぬまでずっと 永遠に



********* on 02.05 *********
雪が降る日 時計台の下で
迷子の少年 ふたりの御話



素敵なレビューを
ありがとうございます

中空 悠 様 / KIMORI様



誕生日おめでとう

この作品のキーワード
誕生日  記憶  時計台  少年 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。