この1冊が、わたしを変える。

2019年1月発売のスターツ出版文庫

スターツ出版文庫は、書店の「新刊・話題の書」コーナーや「ライト文芸」コーナーに置いてある場合が多いです。見当たらない場合は今一度売り場をご確認ください。

青い僕らは奇跡を抱きしめる
2019年1月28日発売
定価 594円(税込)
アマゾンで買う 楽天ブックスで買う
生きたい。それは“僕ら”の心の叫び。
驚きのラストに心が愛で満たされる!
青い僕らは奇跡を抱きしめる
[原題]トゲトゲじかけのサボテンは優しく君をハグしたい
木戸ここな/著
イラストレーター:中村至宏
あらすじ
いじめに遭い、この世に生きづらさを感じている“僕”は、半ば自暴自棄な状態で交通事故に遭ってしまう。“人生終了”。そう思った時、脳裏を駆け巡ったのは不思議な走馬燈――“僕”にそっくりな少年・悠斗と、気丈な少女・葉羽の物語だった。徐々に心を通わせていくふたりに訪れるある試練。そして気になる“僕”の正体とは……。すべてが明らかになる時、史上最高の奇跡に、涙がとめどなく溢れ出す。第3回スターツ出版文庫大賞にて堂々の大賞受賞!圧倒的デビュー作!
著者コメント
はじめまして。木戸ここな(Coconakid)です。諦めずに挑戦し続けたことで、書籍化という思いもしなかった奇跡が起こりました。お力添えを下さった皆さんに感謝しつつ、この奇跡がこの本を通じて誰かに繋がることを願います。次の誰かの希望となりますように本に思いを込めました。どうかこの奇跡を受け取って下さい。
昼休みが終わる前に。
2019年1月28日発売
定価 616円(税込)
アマゾンで買う 楽天ブックスで買う
誰にでも変えたい過去がある。
それでも、“今”を生きるんだ――。
昼休みが終わる前に。
髙橋恵美/著
イラストレーター:長乃
あらすじ
修学旅行当日、クラスメイトを乗せたバスは事故に遭い、全員の命が奪われた。ただひとり、高熱で欠席した凛々子を除いて――。5年後、彼女の元に校舎の取り壊しを知らせる電話が。思い出の教室に行くと、なんと5年前の修学旅行前の世界にタイムリープする。どうやら、1日1回だけ当時に戻れるらしい。修学旅行までの9日間、事故を未然に防いで過去を変えようと奮闘する凛々子。そして迎えた最終日、彼女を待つ衝撃の結末とは!?「第3回スターツ出版文庫大賞」優秀賞受賞作!
著者コメント
はじめまして、髙橋恵美と申します。このたびはたくさんの方に支えていただき、『昼休みが終わる前に。』を書籍化させていただくことになりました。ありがとうございます。この作品は、大切な人たちを事故で失ってしまった主人公が、事故前にタイムリープするお話です。過去と向き合い、強くたくましく成長していく主人公の姿を通して、ひとりでも多くの方が勇気づけられ、元気づけられますように。
きみを探した茜色の8分間
2019年1月28日発売
定価 605円(税込)
アマゾンで買う 楽天ブックスで買う
夕暮れの列車で出会ったきみが
「本当の私」を教えてくれた――。
きみを探した茜色の8分間
[原題]茜色の列車で、きみという名の蛍を探してる
涙鳴/著
イラストレーター:とろっち
あらすじ
私はどこに行くんだろう――高2の千花は学校や家庭で自分を出せず揺れ動く日々を送る。ある日、下校電車で蛍と名乗る男子高生と出会い、以来ふたりは心の奥の悩みを伝えあうように。毎日4時16分から始まる、たった8分、ふたりだけの時間――。見失った自分らしさを少しずつ取り戻す千花は、この時間が永遠に続いてほしいと願う。しかしなぜか蛍は、忽然と千花の前から姿を消してしまう。「蛍に、もう1度会いたい」。つのる思いの果てに知る、蛍の秘密とは?驚きのラストシーンに、温かな涙!
著者コメント
こんにちは涙鳴です。今作は自分が何者なのか、どんな未来に進んでいきたいのか、迷っているふたりが自分探しの旅をする恋物語です。彼女たちがどんな目的地にたどり着いたのか、明らかになる真実と奇跡とともに見届けてもらえたらと思います。
秘密の神田堂 本の神様、お直しします。
2019年1月28日発売
定価 616円(税込)
アマゾンで買う 楽天ブックスで買う
"クセあり神様"が集うお店で、
女子高生店主、ただいま絶賛修業中!
秘密の神田堂 本の神様、お直しします。
[原題]秘密の神田堂 ~本の付喪神、直します~
日野祐希/著
イラストレーター:Minoru
あらすじ
『神田堂を頼みます』――大好きな祖母が亡くなり悲しむ菜乃華に託された遺言書。そこには、ある店を継いでほしいという願いが綴られていた。遺志を継ぐため店を訪ねた菜乃華の前に現れたのは、眉目秀麗な美青年・瑞葉と……喋るサル!?さらに、自分にはある“特別な力”があると知り、菜乃華の頭は爆発寸前!! 「おばあちゃん、私に一体なにを遺したの?」…普通の女子高生だった菜乃華の、波乱万丈な日々が、今始まる。「小説家になろう×スターツ出版文庫大賞」ほっこり人情部門賞受賞作!
著者コメント
はじめまして、日野祐希です。この度、『秘密の神田堂 本の神様、お直しします』を書籍化させていただくことになりました。神田堂というちょっと不思議なお店の店主となった少女・菜乃華と本の付喪神たちの間で紡がれる、絆の物語。Web版よりもほっこり成分増量となっております。素敵な表紙が目印ですので、手に取っていただけるとうれしいです。