「詩集『チルドレン・アイデンティティ』」B ChilDrEn/著  感想ノート

よろしくお願いします。コメントくださると泣いて喜びます。

  • っあ!長文とっっても嬉しいです!

    B ChilDrEn   2014/08/09 09:33

  • 猫宮たまこ 様

    コメントありがとうございます!自分も猫宮様を詩リレーで拝見したことがあるので、とても嬉しいです。

    共感していただいて恐縮です。かっこいいチルドレン最高ですよね。クールになりきれない不器用さ、大人に対して嫌悪という本人達は気づいていない愛が、冷血になりきれない幼さを感じます。どうでもいい自分のチルドレン像を読んでいただき、申し訳ないです。

    猫宮様のコメントを支えに、作品づくりに励みます。まだまだ未熟者、これからも精進します。感謝。

    B ChilDrEn   2014/08/09 09:31

  • はじめまして。猫宮たまこと申します。

    以前からBBSの詩リレーでお見かけしていて、勝手に一人で感激して崇拝していたんです!

    この詩集も、どの言葉をとっても脱帽ものでした。チルドレンへの願望にもとても共感できました。

    猫宮自身、まだまだコドモで、大人になりたいというよりも、カッコいい「チルドレン」になりたいという想いが強いですし。

    反抗したい何かがあるわけでは無いけれど、何かに反抗していたいというか。まあ、ガキなだけなのかもしれませんが。

    そういう訳で、とても味わって読むことができました。
    たった四ページ、されど四ページ。強い何かを感じました。

    これからも、素敵な作品を楽しみにしています。
    暑さが続きますが、お体にお気を付けて。

    長文失礼しました。

    猫宮たまこ   2014/08/08 21:38