極悪プリンスの恋愛事情


テストかぁ。なるほどねぇ。

手持ち無沙汰になったシャーペンを回しながら、心の中で呟く。


…………って、テスト!?


「ちなみに赤点とったやつは冬休み中にみっちり補修するからな」


先生の言葉にドキリとした。

文化祭の余韻に浸りすぎて、テストの存在を完全に忘れていた。

先生が教えてくれた問題だって当然のように聞いてない。


私、やばいかも……。

サーッと血の気が引く。


「じゃあ、今日の授業はここまで」


先生がそう言うと、タイミングよくチャイムが鳴った。

昼休みになったばかりの教室はすぐに騒がしくなって、聞こえてくる会話はテストのことばかり。


「赤点者は冬休みないってやばくない?」


前の席に座っていた皐月がこちらを振り返る。


「や、やばいよね……」


< 149 / 301 >

この作品をシェア

pagetop